健康食品

プラセンタ、なぜ馬や豚のものを使う?

プラセンタには様々な種類がありますが、コスメやサプリなどに使われているのは、豚や馬のプラセンタです。
以前は牛由来のものでしたが、狂牛病の問題から使用禁止となりました。
またヒト由来のものは、薬事法の改正により肝臓病や更年期障害、乳汁分泌不全の医療用にしか使えません。
そのため現在の主流は豚由来のものとなっています。

豚プラセンタが主流なのは、哺乳類の中で一番人間と相性が良いからです。
ヒトプラセンタとそれ程差がなく、移植にも使われることがあるほどです。
本来豚は集団で飼育されるため感染症になることがありますが、豚プラセンタはSPF豚から抽出されるため有効成分や安全性が高いとされています。
豚プラセンタが主流となっているため、いろいろな種類が販売されています。
自分に合ったプラセンタを比較して選ぶことができるのも豚プラセンタの魅力です。

サラブレットから抽出される馬由来のプラセンタは高価ですが、豚プラセンタよりも250倍以上もアミノ酸を多く含んでいるのです。
さらに豚プラセンタには含まれていない6種類のアミノ酸が含まれています。
豚は一度の出産に多くの子供を産みますが、馬は一度に一頭しか産まないため、胎盤に含まれる有効成分http://xn--1cki4e8c6b5622anre5qa171m6k2a.com/が豚よりも多いのが魅力です。