健康食品

医薬品としてのプラセンタ

プラセンタは美容と健康に高い効果があると女性に人気の成分です。
現在ではさまざまな種類のサプリメントやドリンクなどが販売されており、手軽に続けることが出来るようになりました。
しかしプラセンタの有効成分は美容や健康だけに留まらず、医療用としても注目され、症状の緩和や治療目的に使用されています。

医療用プラセンタhttp://www.stanpride.org/essence.htmlはサプリや化粧品とは違い、ヒト由来のプラセンタを原料としています。
基本はプラセンタ注射で、肝機能障害にはラエンネック、更年期障害や乳汁分泌不全の治療にはメルスモンの2種類のみとなっています。
プラセンタ注射を長く続けても、耐性ができることがなく、大きな副作用がでることもありません。
また肝機能障害や更年期障害、乳汁分泌不全の治療では保険が適用されます。

プラセンタ注射は即効性があり、高い効果が期待できることで人気があります。
保険は適用されませんが、生理痛や肩こり、アレルギーの改善、疲労回復など多くの効果があります。
プラセンタの特徴ともいえる成長因子が、細胞を活性化して新陳代謝を高めてくれるからです。
また血管内細胞の増殖や血流を良くする効果、、免疫細胞の活性化、活性酸素の除去などによって自然治癒力を高めることで、症状の緩和が期待できます。