健康食品

プラセンタと女性ホルモン

女性ホルモンは、妊娠や出産に大きな役割を果たすホルモンです。
また女性の体と健康を支えるホルモンでもあります。
なんな女性ホルモンが低下すると、生理痛や肩こり、冷え、むくみといった体の不調や、不眠やイライラなどの精神的な不調など、女性にとっては辛い症状が現れます。

女性の場合は加齢やストレス、無理なダイエットなどによって卵巣機能が低下すると、女性ホルモンの分泌が減少してしまいます。
そのためホルモンバランスが乱れ、体調不良や精神的不調を起こしてしまうのです。

プラセンタの内分泌調整作用は、卵巣に働きかけることで女性ホルモンの分泌を促してくれます。
乱れてしまった女性ホルモンのバランスを整えてくれるのです。

また卵巣の機能が低下してしまうと、女性ホルモンを作り出す力が弱くなってしまいます。
これでは女性ホルモンで体調不良を改善することは出来ません。
しかしプラセンタには自律神経調整作用もあるので、自律神経に関わるさまざまな不調を改善してくれるのです。

更年期障害も女性ホルモンの減少と、自律神経が大きく関わっています。
そのため、のぼせや大量の汗、不眠など自律神経の乱れによる症状が現れるのです。
このような更年期障害による自律神経の症状改善http://www.whiteblushh.com/kounennkisyougai.htmlには、プラセンタ療法が有効とされ保険適用療法となっています。