健康食品

プラセンタ療法って?

最近では、プラセンタ療法を受けられるクリニックや病院が多くなりましたが、プラセンタ療法とはどのようなものなのでしょうか。
プラセンタの中には細胞を生き返らせたり、細胞を増やしたりしてくれる細胞増殖因子を持っているサイトカインが含まれています。
サイトカインは人の体を健康な状態に改良してくれる働きがあります。

プラセンタ療法は、このサイトカインを持つプラセンタを体内に摂り入れることで、細胞から体や肌を若返らせて健康な体に改良することです。
プラセンタ療法にはさまざまな方法がありますが、プラセンタ注射が基本となります。
注射に使われるプラセンタは原料が人由来のもので、ラエンネックとメルスモンの2種類があります。
また医師だけが行える療法のため、通院しなければなりません。

プラセンタの効果は、内科やアレルギー、皮膚科、婦人科などから、美白や保湿などの美容と多岐にわたります。
プラセンタ注射は自費治療のため高額ですが、副作用がないこと、即効性があること、高い効果があることなどから人気の療法となっています。
しかし肝臓の疾患、更年期障害、乳汁分泌不全の治療の場合は保険が適用されます。

即効性があるからといって、一度の注射の効果が長く続くわけではありません。
また毎日通い続けることも大変なため週に1~2回程度を3か月続けることを目安にするとよいでしょう。