健康食品

プラセンタはなぜ精神安定作用があるか?

さまざな病気の症状軽減に効果があると注目されているプラセンタですが、自律神経失調症やうつ病などの精神疾患にも効果があるといわれています。
精神的ストレスが原因とされるうつ病ですが、ホルモンバランスの乱れによっても引き起こされる事があるのです。
特に女性の場合は、出産後や更年期障害のように、女性ホルモンが減少する時にも症状が現れやすいです。

また女性ホルモンと自律神経は、脳の同じ部分でコントロールされているため、ホルモンバランスが乱れると自律神経にも影響が出てしまいます。
そのため不眠や頭痛、体のだるさなどの症状が現れる、自律神経失調症になりやすいのです。

うつ病や自律神経失調症の治療は、抗うつ剤やホルモン治療などによるものですが、これには吐き気やだるさなどの副作用が出ることがあります。
また薬を飲まないと不安になってしまうような、依存性も出てくることがあります。
そこで注目されているのが、副作用も依存性もないプラセンタなのです。

プラセンタはホルモンバランスを調節してくれる自律神経調節作用や、ホルモンの分泌を正常に戻してくれる内分泌調節作用があります。
これらが精神疾患による症状に効果を発揮してくれるのです。
プラセンタ治療は保険適用外ですが、更年期障害が原因によるうつ病や自律神失調症などの場合は保険が適用されます。